アルバイトでも有給休暇が適用されます

年次有給休暇は「一定期間勤続した労働者に対して、心身の疲労を回復しゆとりある生活を保障するために付与される休暇」のこと。

これは社員だけでなくアルバイトにも適用される権利です。

 

■有給休暇はいつからどのくらいもらえる?

有給は「雇い入れの日から6ヶ月経過していること」「その期間の全労働日の8割以上出勤していること」が条件。1週間で30時間以上、週5日以上、又は1年間の所定労働日数が217日以上であれば勤務開始日から6ヶ月経過した日に10日の有給休暇が付与されます。

 

■週1〜2日のアルバイトでも有給休暇は付与されます

週の労働時間が30時間未満で4日以下、または1年間の労働日数が216日以下といった方の場合も有給休暇は与えられます。たとえ週1回の勤務で1年間の所定労働日数が48日〜72日の方でも8割以上出勤しており、6ヶ月以上勤務していれば有給休暇が1日付与されます。

 

■勤続年数に応じて年次有給休暇の日数は増えます

フルタイムの場合、翌年(1年6ヶ月後)には1日追加の11日、さらにその翌年(2年6ヶ月後)には12日。以降は1年経過ごとに2日ずつ有給の日数が追加。6年6ヶ月後以降毎年20日間の有給が付与されます。また週1〜2日のアルバイトでも有給は1年6ヶ月後の時点で2日。4年6ヶ月後からは毎年3日が付与されます。

 

特にガソリンスタンドのようなシフト制の会社では、スタッフ同士の助け合いで有給休暇を取得しやすいため、自身のペースで働きやすい傾向にあります!

コンビニの面接時に好印象を与えやすい身だしなみ

コンビニエンスストアをはじめ日本の飲食店や接客業は、人手不足であってもお客様からの印象を考慮して人材を選定します。

そこで本日はコンビニの面接時に好印象を与えやすい身だしなみについてお話します。

<男性編>

顔・髪型:短髪であればそのままでも構いませんが長髪の場合は整髪剤で髪をまとめてスッキリした印象を与えられるよう意識しましょう。またヒゲも綺麗に剃っておくと好印象です。

 

手元・足元:外見でチェックされやすいのが爪。きちんと切っておきましょう。また靴下の着用は必須。ダーク系が好ましいです。

 

服装:アルバイトの場合はスーツでなくても構いませんが、大きすぎず小さすぎない自分の体に丁度良いサイズの服を意識しましょう。

 

<女性編>

顔・髪型:メイクはナチュラル系を意識しましょう。髪は派手すぎない色にとどめ、顔がしっかり見えるようにまとめましょう。

 

手元:足元:マニキュアは清潔感ある透明のものにしましょう。またストッキングは肌色、ピンヒールやミュールはNGです。

 

服装:アルバイトの面接は私服でも構いませんが露出が多くなりすぎないように気をつけましょう。派手もアクセサリーは外します。

「○○しちゃった」に気をつけよう 〜今日から使える敬語

友人との会話であれば「忘れちゃった」「済んじゃった」などフランクな言葉遣いもOKですが、ビジネスのシーンで「○○しちゃった」は相手に対して失礼に値するしまうためNG。そこで本日は「○○しちゃった」を敬語で言い換えたケースを紹介します。

 

先輩「メール送ってくれた?」

あなた「ごめんなさい、忘れちゃいました」

 

このように自分がミスを犯している状況での「忘れちゃいました」は仕事を教えてくれる先輩に対して失礼になってしまうため、「忘れてしまいました」、文面であれば「失念しておりました」というように敬語を使うようにしましょう。

 

「○○しちゃう」という言い方は「○○してしまう」と言い換えるだけで丁寧な印象を与えることができるので、「○○しちゃった」などフランクな言葉遣いに慣れてしまっている人は注意しましょう。

 

敬語はたくさんの種類がありますが、相手への尊敬や思いやりを伝えるための手段でもあるため、しっかり身についていると会社でも信頼を得やすくなります。敬語は日常様々な場面に使えるので意識して練習してみましょう♪

仕事で覚えておきたい電話のマナー「お世話になっております」

日本以外の国では電話をかけた際、すぐに本題に入るという国も少なくありませんが日本の場合は「お世話になっております」「お疲れさまです」など、一言を添えて話をはじめることがマナーとされています。

 

・「お世話になっております」を使うポイント

社外の人へ電話をかけるときに使用します。「お世話になっております。私、○○と申しますが、▲▲様はいらっしゃいますでしょうか?」というように用件を伝える前の挨拶として使用します。はじめて電話をかける先へは「お忙しいところ失礼いたします〜」など相手を気遣う言葉を添えるようにしましょう。

 

・「お疲れ様です」を使うポイント

「お疲れさまです」は社内の人へ電話をかけるときに使用します。ビジネスの現場で電話をかける際は「社外=お世話になっております」、「社内=お疲れさまです」と覚えておきましょう。

 

その他にも「今、お時間を頂戴してもよろしいでしょうか?」「お忙しいところ失礼いたします」など、日本の電話マナーは相手を気遣う言葉を多用する風習があります。他にも言葉はたくさんありますが、「お世話になっております」は基本中の基本なので、これから日本で働くという方は覚えておくようにしましょう♪

 

■==■■==■■==■■==■■==■

Convenience store staff wanted

Tuyển dụng nhân viên cửa hàng tiện lợi

誠徵便利商店工作人員

https://www.conveniz.com/

 

 

春は桜を楽しもう 〜全国の開花予想と「花見スポット」を紹介!

春本番を間近に控え、いよいよ花見シーズンも近づいてきました!

桜は毎年、暖かい日本列島南部から順に開花していく傾向があります。日本ではこれを「桜前線」と呼び、各地の開花予想日を心待ちにしています。

今回は、日本気象協会が発表した桜の開花予想とあわせて、各地域の花見スポットをご紹介します。(日本気象協会HP:https://tenki.jp/sakura/expectation/

【九州地方】
◆予想開花日:3/18(福岡市)〜3/28(鹿児島市)
◆人気スポット:舞鶴公園(福岡県福岡市中央区)、一心行(熊本県阿蘇郡南阿蘇村)、母智丘公園(宮崎県都城市)など

【四国地方】
◆予想開花日:3/20(高知市)〜3/26(徳島市)
◆人気スポット:すすきヶ原入野公園(愛媛県四国中央市)、女木島(香川県高松市)、八百萬神之御殿(徳島県美馬市)など

【中国地方】
◆予想開花日:3/22(岩国市)〜3/26(岡山市)
◆人気スポット:若山公園(山口県山陽小野田市)、RSKバラ園(岡山県岡山市北区)、ひろしま遊学の森(広島県広島市東区)など

【近畿地方】
◆予想開花日:3/21(和歌山市)〜3/29(彦根市)
◆人気スポット:山中渓(大阪府阪南市)、平野神社(京都府京都市北区)、明石公園(兵庫県明石市)など

【東海地方】
◆予想開花日:3/20(名古屋市)〜4/9(高山市)
◆人気スポット:つま恋リゾート彩の郷(静岡県掛川市)、東山動植物園(愛知県名古屋市千種区)、岐阜公園(岐阜県岐阜市)など

【関東・甲信地方】
◆予想開花日:3/21(横浜市)〜4/15(飯山市)
◆人気スポット:目黒川(東京都目黒区)、衣笠山公園(神奈川県横須賀市)、高島公園(長野県諏訪市)など

【北陸地方】
◆予想開花日:3/28(福井市)〜4/2(新潟市)
◆人気スポット:富山県中央植物園(富山県富山市)、兼六園(石川県金沢市)、悠久山公園(新潟県長岡市)

【東北地方】
◆予想開花日:4/1(いわき市)〜4/21(仙北市・角館)
◆人気スポット:白石城本丸広場(宮城県白石市)、観月台公園(福島県伊達郡国見町)、弘前公園(青森県弘前市)など

【北海道地方】
◆予想開花日:4/24(松前町)〜5/17(根室市)
◆人気スポット:五稜郭公園(北海道函館市)、松前公園(北海道松前郡松前町)、円山公園(北海道札幌市中央区)など

桜が最も見頃を迎える満開の時期は、開花日から7〜10日後とされています。ぜひお近くの人気スポットへ足を運んでみてください!

【電車を快適に使うために】知っておきたい乗車マナー/駅構内編

■電車を快適に使うために 〜知っておきたい乗車マナー/駅構内編

 

前回に続き、電車を利用する際のマナーについてご紹介します! 今回は「駅構内」、電車に乗る前や、降りてからの注意点です。

 

◎左側通行/右側通行

ラッシュ時などの混雑を考慮して、駅の中や階段などでは「進行方向」が決められているところがたくさんあります。うっかり逆を歩いてしまうと、人の波にぶつかってうまく進めなくなることも。「左側通行」「右側通行」の表示を確認して進みましょう。

 

※左側か右側かは、駅ごとに異なります!

 

◎エスカレーター

こちらも混雑時にはたくさんの人が利用します。本来なら使用方法としてNGなのですが、中には急いでいるため歩いたり走ったりしてエスカレーターを使う人も……。

 

ちなみに、エスカレーターでは「左側に立つ」ことがマナーとなっているところが多いのですが、近畿地方(京都府と滋賀県を除く)では「右側に立つ」という習慣も。他の人がどのように乗っているのか、確認してみてください!

 

◎ながら歩きはNG

海外でも問題になっていますが、駅構内やホームで、スマートフォンや携帯電話、携帯ゲーム機などを操作しながら歩くのはやめましょう!

 

他の歩行者とぶつかってトラブルになったり、ホームから転落してしまったりと、思わぬ事故につながってしまうこともあります。

 

互いにマナーを守れば、誰もが快適に電車を利用できるはず。お出かけの際は、駅構内でのマナーにも気を配ってみてください!

【電車を快適に使うために】知っておきたい乗車マナー/車内編

■電車を快適に使うために 〜知っておきたい乗車マナー/車内編

 

日本中に張り巡らされている鉄道網。特に大都市圏では、JRに私鉄各線、地下鉄など、たくさんの路線が走っています。

 

便利で身近な「電車」という乗り物。今回は、留学生のみなさんが快適に利用できるよう、日本の電車における基本的なマナーをご紹介します。

 

◎整列乗車

東京など大都市圏の駅ホームは、朝夕の通勤ラッシュの時間帯を中心に大混雑します。そのため、乗客は「整列乗車」でスムーズに乗り降りをしています。

 

ホームには「◯号車 乗車位置」といった形で案内表示があります。ここに2列や3列で並びます。電車が到着したら、降りる人の動きが優先。降りる人がいなくなったら、列に並んだ順から乗車します。

 

◎優先席

海外の鉄道でも一般的ですが、日本にも優先席(Priority Seat)があります。お年寄りや体の不自由な人、妊娠中の人や子ども連れの人には席を譲りましょう。

 

◎座るときのマナー

車内では時折、足を組んで座っている人や新聞を大きく広げて座っている人を見かけますが、こうした行為はマナー違反とされます。限られたスペースの車内なので、他の人の邪魔にならないよう気をつけましょう。

 

また、1人で2人分のスペースを取ると座れる人数が減ってしまいます。混雑状況などを見て、できるだけ詰めるようにしてください。

 

次回は、駅構内でのマナーについてご紹介します!

【恐怖の季節がやってきた】日本の「花粉症」問題

くしゃみ・鼻水が止まらない、我慢できないほど目がかゆい……。

 

春が近づくにつれ、街なかではマスクを付けて歩く人の姿が目立つようになりました。といっても、風邪やインフルエンザの予防のためではありません。日本人の4人に1人が悩まされているともいわれる「花粉症」対策です。

 

花粉に触れることでアレルギー反応を引き起こしてしまう花粉症。この疾患そのものは、日本に限ったものではありません。母国で似たような症状に悩まされていたという留学生の方もいるはず。

 

日本でこれだけメジャーな脅威になってしまったのは「スギ花粉」が原因だといわれています。日本固有の植物であるスギは、古くから家を建てる際の材料として使われてきたこともあり、各地に植林されています。

 

春が近づくと、一定の樹齢に達したスギが花粉を飛散させます。大量のスギから飛ばされる花粉が、多くの日本人を苦しめているのです。

 

花粉症が厄介なのは、これまで平気だった人でも突然アレルギー症状が出る可能性があるということ。そのため海外から来た留学生の中には、日本で花粉症を初体験してしまう人もいるようです。

 

今年の冬は暖かい日が多かったため、日本気象協会は全国ほとんどの地域で花粉の飛散量が「例年よりも多くなる」と予想しています。もし「花粉症かも?」と思ったら、最寄りの医療機関を受診するなどして、対策を急いでください!

【高くてびっくり!】「野菜の値段」と「天候」の関係

今日は、自宅で料理をする留学生のみなさんにとって、ちょっと頭の痛い話題かもしれません。

 

今年の頭頃から、「野菜が高い!」という話題がテレビなどでたびたび取り上げられています。

 

特に注目されているのが、キャベツや白菜、ネギなどのいわゆる「葉物野菜」。日本の食卓では日常的に消費されているため、スーパーマーケットなどで高騰した価格を見て驚く人も少なくありません。

 

2018年の初頭から野菜の値段が高騰していたのは、昨年秋の天候不順に原因があったと言われています。2017年の10月は2つの台風が日本を直撃したこともあって、雨の多い1カ月となりました。

 

そうした長雨が野菜の生育に影響を与え、出荷数が伸びずに価格高騰を招いてしまったというわけです。

 

こうなると気になるのは、この冬にかけての野菜の値段……。今年も9月は全国的に雨ばかりで、気持ちよく晴れた日はごくわずかでした。

 

みなさんは、どんな野菜を購入しますか? 現在も「スーパーの野菜が高い」という声が聞かれますが、今後は少しでも価格が落ち着くことを祈るばかりです。

 

【日本人はお祭り好き?】「ハロウィン」の熱狂について

■日本人はお祭り好き? 〜「ハロウィン」の熱狂について

10月の終わりが近づくと、東京の渋谷など都心部を中心に、仮装した若者たちが街を歩く「ハロウィン」の熱狂が話題となります。

ハロウィン前の週末などは夜通し騒ぎ続ける人も多く、騒音や放置されるゴミについて問題視する声も挙がっています。今年は渋谷区が「終電までに帰宅」を呼びかけていましたが、あまり効果はなかったようです。

ほんの数年前まで、日本ではハロウィンといっても、ごく一部で行われている小規模な催しばかりでした。しかし仮装した若者たちの盛り上がりがメディアで取り上げられるようになると、一気に大きなムーブメントへと成長していきました。

もともと日本人は、お祭りが大好きな国民性であると言われています。各地では古くから伝わる祭も多く、「この日ばかりは騒がなきゃ」と弾けてしまうのも伝統なのかもしれません。

ハロウィンもそうした文化の中に取り入れられ、広がっていった新しい祭の一つだと言えるでしょう。留学生のみなさんの中には、自国でのハロウィンのあり方とは様相が違い、驚く人も多いのでは?

今後もおそらく日本では、さまざまな外国の慣習や文化を取り入れて「お祭り」を楽しんでいくはず。「あまり弾けすぎないように!」と釘を刺しあいながら……。