【銭湯があるから大丈夫?】「風呂なしアパート」に住む若者たち

■銭湯があるから大丈夫? 〜「風呂なしアパート」に住む若者たち

 

前回は、日本の伝統ある公衆浴場「銭湯」について紹介しました。

 

若者たちの間でじわじわと銭湯人気が広がる中で、実はもうひとつ、興味深い動きが起きています。「風呂なしアパート」にあえて住もうとする人が増えているのです。

 

少し前まで、若い人が一人暮らしをしようとアパートやマンションの部屋探しをする際に、「風呂のない物件」は基本的に避けられていたものでした。多くの人にとっては、「家に風呂がないなんて不便すぎる!」という感覚が当たり前だったのです。

 

とは言え、都市部ではアパートやマンションの家賃も高額になります。特に東京の都心部では、ちゃんと風呂がついているワンルームの場合、家賃が10万円近くになることも。

 

そんな場所に住むのは、お金のない若者には厳しい……。「通学や通勤に時間がかかることは覚悟して郊外に住む」という人も多いのが現状です。

 

しかし最近では、あえて「風呂なし物件」に住む人も増えているそうです。古いアパートなどでは、風呂がない物件もまだまだ残っています。そうした物件の最大のメリットは「家賃が安い」こと。東京23区内でも、家賃2万円台で住めるようなアパートがたくさんあります。

こうした物件が注目されるのには、前回紹介した銭湯ブームの影響もあるようです。「近くに銭湯があれば、家に風呂がなくてもいい」という考え方ですね。確かに、日々銭湯を利用するのなら家風呂にこだわる必要はないのかもしれません。

 

家賃の安い部屋に住んで通学や通勤の時間を短縮し、銭湯で癒やしの時間を過ごす

 

そんな風に合理的な考え方をする人も、今の日本には増えているのです。新しい友人ができたら、「どんな部屋に暮らしているか」聞いてみるのも面白いのでは?

【“裸の付き合い”が人気】日本の若者たちに注目される「銭湯」の魅力

■“裸の付き合い”が人気! 日本の若者たちに注目される「銭湯」の魅力

 

最近、日本の若者たちの間でにわかに「銭湯ブーム」が盛り上がっていることをご存じでしょうか?

 

「銭湯」とは公衆浴場のこと。その歴史は古く、武士が日本の政治を担うようになった鎌倉時代(1185年頃〜1333年)、各地の寺社が入浴施設を一般人に開放するようになったのが始まりだと言われています。

 

1960年代、まだまだ日本には「風呂のない」一般家庭がたくさんありました。銭湯は重要なインフラであり、最盛期には全国に2万軒以上が営業していたそうです。しかし家風呂の普及に伴ってその数は減少し続け、2014年には約4000軒となっています。

 

もう銭湯は必要とされない場所なのでしょうか……? ところが近年、若者たちの間でその価値を見直そうとする動きが出てきました。

「家の風呂よりも断然大きくてくつろげる」

「銭湯で出会う人たちとの、裸の付き合いが楽しい」

 

かつて地域の社交場だった銭湯。その魅力を再発見し、足繁く通う「銭湯ファン」が増えているのです。店舗側もさまざまな工夫をしています。中には音楽イベントやアート展を開く店舗も登場しています。

 

あなたの家の近所にも、地域の人々が集う人気の銭湯があるかもしれません。日本の歴史や文化に触れ、新しいムーブメントも体感できるかもしれない銭湯。ぜひ一度足を運んでみてください!

 

【お知らせ】「留学生求人Z –コンビニ・飲食-」にリニューアルしました!

■お知らせ 〜「留学生求人Z –コンビニ・飲食-」にリニューアルしました!

 

いつも「コンビニ求人Z」をはじめとして、Facebookやブログページをご覧いただきありがとうございます!

 

今日は、Facebookリニューアルのお知らせです。このたび「留学生求人Z –コンビニ・飲食-」として、装い新たに情報発信を行っていくこととなりました。

これまではコンビニエンスストアで働く際に役立つ情報を中心にお届けしてきましたが、今後はより幅広く、日本で学ぶ留学生のみなさまに役立つコンテンツを発信していきたいと考えています。

 

求人サイト「コンビニ求人Z」はこれまで通り運営していきます。さらにこちらのページでは、留学生のみなさまの人気が高い日本の飲食店でのアルバイト情報も積極的に紹介していく予定です。

 

「留学生のバイト探しをもっと便利に!」

 

そんな思いで、さまざまな角度から役立つ情報をお届けできればと思います。

 

今後とも、「留学生求人Z –コンビニ・飲食-」をよろしくお願いします!