「○○しちゃった」に気をつけよう 〜今日から使える敬語

友人との会話であれば「忘れちゃった」「済んじゃった」などフランクな言葉遣いもOKですが、ビジネスのシーンで「○○しちゃった」は相手に対して失礼に値するしまうためNG。そこで本日は「○○しちゃった」を敬語で言い換えたケースを紹介します。

 

先輩「メール送ってくれた?」

あなた「ごめんなさい、忘れちゃいました」

 

このように自分がミスを犯している状況での「忘れちゃいました」は仕事を教えてくれる先輩に対して失礼になってしまうため、「忘れてしまいました」、文面であれば「失念しておりました」というように敬語を使うようにしましょう。

 

「○○しちゃう」という言い方は「○○してしまう」と言い換えるだけで丁寧な印象を与えることができるので、「○○しちゃった」などフランクな言葉遣いに慣れてしまっている人は注意しましょう。

 

敬語はたくさんの種類がありますが、相手への尊敬や思いやりを伝えるための手段でもあるため、しっかり身についていると会社でも信頼を得やすくなります。敬語は日常様々な場面に使えるので意識して練習してみましょう♪

仕事で覚えておきたい電話のマナー「お世話になっております」

日本以外の国では電話をかけた際、すぐに本題に入るという国も少なくありませんが日本の場合は「お世話になっております」「お疲れさまです」など、一言を添えて話をはじめることがマナーとされています。

 

・「お世話になっております」を使うポイント

社外の人へ電話をかけるときに使用します。「お世話になっております。私、○○と申しますが、▲▲様はいらっしゃいますでしょうか?」というように用件を伝える前の挨拶として使用します。はじめて電話をかける先へは「お忙しいところ失礼いたします〜」など相手を気遣う言葉を添えるようにしましょう。

 

・「お疲れ様です」を使うポイント

「お疲れさまです」は社内の人へ電話をかけるときに使用します。ビジネスの現場で電話をかける際は「社外=お世話になっております」、「社内=お疲れさまです」と覚えておきましょう。

 

その他にも「今、お時間を頂戴してもよろしいでしょうか?」「お忙しいところ失礼いたします」など、日本の電話マナーは相手を気遣う言葉を多用する風習があります。他にも言葉はたくさんありますが、「お世話になっております」は基本中の基本なので、これから日本で働くという方は覚えておくようにしましょう♪

 

■==■■==■■==■■==■■==■

Convenience store staff wanted

Tuyển dụng nhân viên cửa hàng tiện lợi

誠徵便利商店工作人員

https://www.conveniz.com/