在留資格「留学」は日本のコンビニエンスストアで働ける?

最近は日本国内の飲食店やコンビニエンスストアで留学生の外国人アルバイトが増えてきましたが、在留資格「留学」を持っているだけでは仕事に就くことはできませんので注意!

そこで本日は在留資格「留学」と資格外活動許可を取得についてお伝えします。

まず在留資格「留学」とは、その名の通り学業を主体とした在留資格ですから、原則就労は認められていません。しかし、資格外活動を申請して許可されると週28時間を上限に働くことができます。

・資格外活動許可の申請方法は?

資格外活動は本人でなくても申請できますが、コンビニの場合は本人が申請するケースが多くなっています。必要物は申請書、活動内容を明らかにする書類、在留カードの3点。申請場所は居住地を管轄する地方入国管理官署となります。

手数料は無料となっておりますが、処理期間が2週間~2か月と長いため、留学生でアルバイトを考えている方は早めに申請するようにしましょう。

もしご自身での手続きが不安な場合は、外国人在留総合インフォメーションセンターに電話で聞いてみるのも良いでしょう。

資格外活動許可を得ておくと、スムーズに仕事を見つけることができるので留学生の方は参考にしてみてください!

コンビニアルバイトでも社会保険の加入が必要?

留学生としてアルバイトする上で懸念してしまいがちなのが社会保険

本日はコンビニアルバイトの社会保険適用についてお話します。

社会保険は原則、国籍や雇用形態を問わず加入義務が発生するもの。コンビニのアルバイトであっても基準を満たせば社会保険に加入する必要があります。なお加入対象の社会保険は以下の通り。

1、雇用保険
雇用保険は自主もしくは会社都合で退職をした場合、一定期間の支払いを行っておけば失業手当がもらえる保険です。加入条件は週の労働時間が20時間以上、31日以上の雇用の見込みがある人です。

2、労災保険
仕事中や通勤中に起こった事故や病気の治療費に関する保険です。これは企業が一括で国に納め、国が補償を行います。

3、健康保険
業務とは関係ない理由で病気や怪我をした場合に、治療費などを一部負担してくれる制度です。

4、介護保険
要介護認定を受けた65歳以上の人や、40〜64歳で特定の病気にかかり介護が必要になった人のための給付制度です。40歳以上の人は全員加入が必須です。

5、厚生年金保険
国民年金制度に上乗せされる年金です。加入者が死亡したり、障害を負ったりした場合、加入者の家族に年金が給付されます。

外国人でも留学生でも日本での就業において必須なのが社会保険。任意で加入は決められませんのであらかじめ理解しておきましょう!

面接官はココを見てる!採用面接での質問の答え方!

留学生として日本にやってきてはじめてのアルバイト。

採用面接は緊張してしまいますよね?ましてや日本語に自信がない場合は面接の質問にしっかり答えられるか不安という方も多いと思います。そこで本日は採用面接のポイントをお伝えします!

・面接官が見るポイント
採用面接の場で面接官が見るポイントは大きく分けて3つ。ここさえ押さえていれば好印象を与えられる可能性がグンとアップします。

1、 服装(コンビニは私服でOKですが清潔感のある格好を意識しましょう)
2、 目をみて話せるか(面接官は接客を念頭において求職者と接します)
3、 受け答え(面接官の聞かれた内容に沿った答えができるか)

1と2はすぐにできると思いますが、3については日本語に自信がないと不安になってしまいますよね?でも大丈夫。質問されて内容がわからないときは「〇〇ということですか?」と内容に対して一度確認を入れましょう。

これは回答の内容だけでなく「しっかり話を聞こうとしてくれている」という印象を与えることができるため、好印象を与えやすくなります。わからないことは素直に聞いて、面接官としっかりコミュニケーションを取ることが面接では重要です!

時間厳守で印象アップ!時間に関するビジネスマナー

日本で仕事をするならまず気を付けたいのが時間に関するマナー。諸外国では時間通りに電車が来なかったり、少しくらいの遅刻は許容範囲なんていうこともありますが、日本は時間にシビアな傾向があるため注意しておきたいところです。

例えば、採用面接の時間。「13時から」という約束だったらあなたは何時に面接場所へ向かいますか?

1、面接の10分前
2、面接の時間丁度
3、面接時間を少し過ぎてから

この場合2の「面接時間丁度」が正解。3の遅れはもちろんNGですが、10分前に行ってしまっては担当者が面接前の仕事を片付けている可能性があり、来客によって時間を奪われてしまう可能性があります。

そのため、理想的には5分ほど前に現地に到着できるように行動し、時間丁度を見計らって訪問するようにしましょう。

時間にシビアというと少し厳しく感じるかもしれませんが、逆に時間を守れる人はそれだけで印象アップ!ぜひ参考にしてみてください!