【知っておきたい災害への備え】「ハザードマップ」を見てみよう!

■知っておきたい災害への備え 〜「ハザードマップ」を見てみよう!

 

前回まで、日本で暮らす際に知っておきたい「災害への備え」についての情報をお届けしてきました。自然災害は、いつどこで起こるかわかりません

 

そう考えると、「自分が住んでいる地域にはどんな危険性があるんだろう?」と気になる方も多いのではないでしょうか。そこで注目されているのが、国土交通省が公開している「ハザードマップポータルサイト」です。

 

国土交通省 ハザードマップポータルサイト

https://disaportal.gsi.go.jp/

 

ハザードマップとは、大雨や地震などの災害時、地域ごとにどのようなリスクがあるのかを確認できる地図。上記サイトにある「重ねるハザードマップ」では、自分が住んでいる地域の地図に、さまざまな災害リスクの情報を重ねて表示できるようになっています。

近年の大雨被害を受けて、今年6月からは「身近にある川があふれた場合に、どの地域まで水に浸かってしまうおそれがあるのか」といった情報も見られるようになっています。

 

スマートフォンからも見られるようになっているので、自分の行動する範囲にどのようなリスクがあるのか、ぜひ確認してみてください