【電車を快適に使うために】知っておきたい乗車マナー/駅構内編

■電車を快適に使うために 〜知っておきたい乗車マナー/駅構内編

 

前回に続き、電車を利用する際のマナーについてご紹介します! 今回は「駅構内」、電車に乗る前や、降りてからの注意点です。

 

◎左側通行/右側通行

ラッシュ時などの混雑を考慮して、駅の中や階段などでは「進行方向」が決められているところがたくさんあります。うっかり逆を歩いてしまうと、人の波にぶつかってうまく進めなくなることも。「左側通行」「右側通行」の表示を確認して進みましょう。

 

※左側か右側かは、駅ごとに異なります!

 

◎エスカレーター

こちらも混雑時にはたくさんの人が利用します。本来なら使用方法としてNGなのですが、中には急いでいるため歩いたり走ったりしてエスカレーターを使う人も……。

 

ちなみに、エスカレーターでは「左側に立つ」ことがマナーとなっているところが多いのですが、近畿地方(京都府と滋賀県を除く)では「右側に立つ」という習慣も。他の人がどのように乗っているのか、確認してみてください!

 

◎ながら歩きはNG

海外でも問題になっていますが、駅構内やホームで、スマートフォンや携帯電話、携帯ゲーム機などを操作しながら歩くのはやめましょう!

 

他の歩行者とぶつかってトラブルになったり、ホームから転落してしまったりと、思わぬ事故につながってしまうこともあります。

 

互いにマナーを守れば、誰もが快適に電車を利用できるはず。お出かけの際は、駅構内でのマナーにも気を配ってみてください!