仕事で覚えておきたい電話のマナー「お世話になっております」

日本以外の国では電話をかけた際、すぐに本題に入るという国も少なくありませんが日本の場合は「お世話になっております」「お疲れさまです」など、一言を添えて話をはじめることがマナーとされています。

 

・「お世話になっております」を使うポイント

社外の人へ電話をかけるときに使用します。「お世話になっております。私、○○と申しますが、▲▲様はいらっしゃいますでしょうか?」というように用件を伝える前の挨拶として使用します。はじめて電話をかける先へは「お忙しいところ失礼いたします〜」など相手を気遣う言葉を添えるようにしましょう。

 

・「お疲れ様です」を使うポイント

「お疲れさまです」は社内の人へ電話をかけるときに使用します。ビジネスの現場で電話をかける際は「社外=お世話になっております」、「社内=お疲れさまです」と覚えておきましょう。

 

その他にも「今、お時間を頂戴してもよろしいでしょうか?」「お忙しいところ失礼いたします」など、日本の電話マナーは相手を気遣う言葉を多用する風習があります。他にも言葉はたくさんありますが、「お世話になっております」は基本中の基本なので、これから日本で働くという方は覚えておくようにしましょう♪

 

■==■■==■■==■■==■■==■

Convenience store staff wanted

Tuyển dụng nhân viên cửa hàng tiện lợi

誠徵便利商店工作人員

https://www.conveniz.com/