コンビニでアルバイトができる在留資格とは?

コンビニエンスストアでの接客といった単純作業では就労ビザを取得することはできませんが、以下4つの条件に当てはまればコンビニでアルバイトをすることができます。

1、永住者(永住権を取得した外国人)
2、定住者(日系外国人、日本人との婚姻歴があるなど)
3、留学生(資格外活動許可を持っている外国人)
4、家族滞在者(就労ビザを持つ外国人に扶養されている者)

永住者と定住者については日本人と同様に制限なく仕事ができますが、留学生と家族滞在者については週28時間以内の勤務のみ可能となっています。中でもコンビニ求人Zに多い問い合わせは「留学生」からの応募です。

応募者の中には在留資格「留学」を持っていれば仕事ができると認識している人も少なくありませんが、就労にあたっては「資格外労働許可」という別の手続きが必要になります。資格外労働許可は住居地を管轄する地方入国管理官署へ必要書類を持って申請すれば審査の上、2週間~2か月程度で結果が戻ります。

コンビニエンスストアをはじめアルバイトを探している留学生の方は事前に「資格外労働許可」を取得しておくとスムーズに仕事を探すことができます。