時間厳守で印象アップ!時間に関するビジネスマナー

日本で仕事をするならまず気を付けたいのが時間に関するマナー。諸外国では時間通りに電車が来なかったり、少しくらいの遅刻は許容範囲なんていうこともありますが、日本は時間にシビアな傾向があるため注意しておきたいところです。

例えば、採用面接の時間。「13時から」という約束だったらあなたは何時に面接場所へ向かいますか?

1、面接の10分前
2、面接の時間丁度
3、面接時間を少し過ぎてから

この場合2の「面接時間丁度」が正解。3の遅れはもちろんNGですが、10分前に行ってしまっては担当者が面接前の仕事を片付けている可能性があり、来客によって時間を奪われてしまう可能性があります。

そのため、理想的には5分ほど前に現地に到着できるように行動し、時間丁度を見計らって訪問するようにしましょう。

時間にシビアというと少し厳しく感じるかもしれませんが、逆に時間を守れる人はそれだけで印象アップ!ぜひ参考にしてみてください!